Entry No.1  Team Dky
男性180cm以上、女性170cm以上のメンバーが集まったデカイチーム。今では大胸筋がデカイ、態度がデカイメンバーも(笑)
 
風よけはお任せください\(^o^)/
とにかく目立つ、目立つが勝ち!

Entry No.2 FARs YOKOHAMA(横浜消防自転車部)
はじめまして 横浜消防自転車部です 実業団の自転車競技をしている消防署は、横浜が全国で唯一の消防署です。
部員は朝から次の日の朝まで24時間、仕事をしてからの練習なので、昼間の午前中が勝負!お昼ごはんを食べたら眠くなってしまいます 。
また年2回合宿を行い、富士山ヒルクライムレ ースや箱根の坂を登ります。 今年は女子部員が1名入りました。もちろん消防士です よろしくお願いいたします。
 
チームの名前のFARsは、消防・救急・救助の英語名の頭文字(ファイヤー・アンビュランス・レスキュー)からとfarの「遠くへ行こう。」の意味から決まりました。
オレンジは誇り 力強く流れるイメージをデザインしています。
唯一、太っている部員もこのデザインの流れるラインと黒いジャージのおかげで引き締まって見えませんか?

Entry No.3 枝豆ずんだサイクル部(仮)
主要メンバーは関東在住の学生を中心に構成し活動しています。さらにSNSで呼びかけメンバーを増やしてロングライドをしたり、本格的にレース出場をしたりしています。
枝豆ずんだの由来はチーム発足をさせるときに、いつかは仙台に自走でいくぞ!っていうことで宮城県仙台市にゆかりのある「ずんだ」をモチーフにしたためです。
 
おしゃれな感じを目指して作りました。
背中には宮城県シルエットと枝豆のイラストを入れ、蛍光色のカラーをふんだんに取り入れたのでぱっと見てわかっていただけるかと思います。

Entry No.4 クラブYOC
日本一の受け皿クラブを自称する大人のサイクリストたちです。
神奈川県全域、多摩地区、奥多摩、山梨など、週末に自分たちのペースで走ってます。山歩きもします。 ソロで走っている方に時々キャッチセールスしています。声を掛けられても変質者と間違えないで下さい。
 
チームスカイに対抗してデザインしました。 私たちの心を表す 純白がテーマカラーです。ダーク色が多い ジャージの中にあって ひときわ目立つデザインを施しました。

Entry No.5 日本ろう自転車競技協会
『日本ろう自転車競技協会(JDCA)』は耳の聞こえない選手で結成されたチームで,全国に約50名ほどいます。ロードやMTB,ダウンヒル,シクロクロス,トライアスロン,エクステラなど全国で開催されている大会に出場しています。
 
このジャージは,特に聴覚障害者の国際大会を目指す強化選手が国内大会で着用しています。健聴者から見てすぐに聴覚障害者であることが分かるように赤をベースにしています。 また,世界各国それぞれに手話があり,日本の手話とアメリカの手話は異なります。でも『アイラブユー』の手話は世界共通です。そこで日本の国旗をイメージした赤と白のシンプルなデザインのジャージに『アイラブユー』の手話をデザインしたマークを背中につけています。このジャージで走っていると,背中のマークを見た外国のサイクリストから『アイラブユー』の手話で返してくれたこともあります。 自転車の世界で,だれもが分け隔てなく自由に手話で通じあえることを目指して今日もわたしたちはペダルを回しています☆

Entry No.6 Team Gruppetto
横浜市港北区岸根町にあります自転車店Grupettoを中心とする地域密着型のサイクリングチームです。 発足1年に満たないチームですが、現在クラブ員は43名です。 子育てママや下は中学生3年生から上は、67歳まで幅広い年齢層の老若男女が集います。 地域密着型を目指し、地元企業や地元のお店からのご協力を頂きながら、メンバーと楽しく毎週2回定例サイクリングを開催しています。
 
ジャージデザインの黒、赤、青、白は、家族で、ぶらっと偶然訪れた日産の展示場に展示されていたダットサンフェアレディZからイメージしました。

Entry No.7 チームAB(エビ)会
偶然に集まった同じ血液型のメンバーでチーム作っちゃいました!   お互いに「輸血の時はよろしく!」が合言葉です。   湘南、三浦など神奈川を中心にファンライドを楽しんだり   レースイベントにも参加しております。   どうぞ宜しくお願いいたします。   
 
お気に入りのあひるさんデザインをちょっと悪っぽく(笑)   左胸にはAB BLOODを入れて血液型を強調してます。   AB型以外の人は別型の血液を輸血されてしまうので着れません(笑)

  
Entry No.8 ダブルリング
5年ほど前から、神奈川を拠点として活動してる和気藹々とした仲間です。   
 
ダブルリングの呼び名通りに、輪を大切にしてます。 胸のハート型チェーンのマークや、ピンクと赤で、ユニセックスなジャージデザインにしました。 女性メンバーも募集しています。

Entry No.9 チームホッピー自転車部
もともとは、ツイッターのホッピータグ繋がりでできたチーム。人の輪を重視、自転車活動を通して人とホッピーの輪を広げることを目的としています。 自転車を楽しむことが第一。ホッピー好きなメンバーが沢山います。自転車の後は「ナイスホッピー!」の掛け声で、ホッピーを飲むことも多々あり!最近は走行会より、飲み会の方が集まりがいい本末転倒ぶりw参加されたいかたは、是非お声がけください。   
 
ホッピー社の宣伝トラックのデザインをモチーフにしています。ショッキングビンクのジャージは遠目でも良く目立って、知らない場所で集合するときに役立ちます。   ピンクの他にも黒バージョンがあって、男性を中心に人気です。

Entry No.10 COLOR's
埼玉県の彩湖を練習拠点とするチームです。毎週日曜日の朝に集まり、速くなることを目指し練習を行っています。チームが発足して、まだ1年未満ですが、参加メンバーは22名います。他のチームとの合同練習なども積極的に行っておりますので、このジャージを見かけましたら、是非お声かけください。   
 
このジャージは、まずチーム名を作るところからスタートし、ホームグラウンドである「彩湖」を英訳するところから始めました。「彩湖」を直訳し「The Lake of Color's」とし、そこから、わかりやすいよう「COLOR's」をチーム名としました。デザインですが、太陽の色であるオレンジを基調とし、「彩(いろどり)=グラデーション」を使い、ホームグラウンドのイメージに合うよう作成しました。レース会場などでも一目で見つけやすくなっています。


Entry No.11 CODE Sports PIRATA(コード スポーツ ピラータ)
地元、茅ヶ崎のスポーツバイクショップ CODE BIKE の公式チームです。PIRATAはピラータと読み、海賊を意味します。   
 
PIRATAには2色のジャージがあります。
赤いジャージは一般の方用で、全身で海賊旗を表し、PIRATAの信念である「美しく走る」とう思いが込められています。白いジャージは、レースで入賞経験のある方だけが袖を通す事を許された本気のジャージで、ベースの白は清廉潔白の本気を表し、ブルーは母体で在るCODEBIKEのイメージカラーと茅ケ崎の海を表したデザインになって居ます。背中のポケットには導火線へ火の着いたダイナマイトが入って居るのが小洒落てるでしょ?(笑)   

Entry No.12 爆笑!茶利坊主団
週末中心に都内近郊から横浜・湘南、たまに奥多摩、はたまた千葉の山々と、神出鬼没に出没して走り廻る「爆笑!茶利坊主団」。時にはレースを走り、時にはボランティアライドに足繁く出没。交通ルールマナーを守り「清く!楽しく愉快に!走る」がチーム・コンセプト。もし何処かでこのジャージを見掛けたらご注意召されムーチョ♪ 一瞬にして腹が捻れて笑い転げるのは必至。特に背中のイラスト。笑笑! (茶利坊主団ジャージ着用者全国約100名散在)
 
山岳賞ジャージかと思いきや、良く見りゃ赤い水玉ではなく赤りんご。あちら着るのがドMなら、こちら着るのはドA(アホ)。山岳走って遭難した際に遠くから見つけ易いのが特長。時には美味しい林檎、時には毒林檎。そんな妖しく美味しい林檎にあやかった次第。Venga!Venga!は人々にエールを送る言葉。背中には妖しく光るイラスト顔。これなら迷子になった時の目印に超便利。笑笑!

Entry No.13 坂レンジャー
7年ほど前、SNSでつながった坂好きなメンバーが集まって自然発生的にできたチームです。メンバーは関東を中心に全国各地に。。 メンバーの中には富士ヒルクラで上位に入る猛者もいます!
 
坂レンジャーの名前とともにジャージには酒という文字が・・・。 坂バカだけではなく、実は酒好きの集まり。 背中の75%は坂の斜度ではなくて、実はアルコール度数です。。笑

Entry No.14 ちがさきアロハジャージ
※特別エントリーにつき、コンテスト対象外です。
昨年、茅ヶ崎市はホノルル市との姉妹都市提携を締結しました。その以前から、夏場、市役所などではクールビズならぬ、アロハビズを採用していました。そんな茅ヶ崎市のためにデザインされたちがさきアロハジャージです!
 
アロハ柄は市花「ツツジ」とチェーンを採用。胸のロゴ「0467」は言わずと知れた茅ヶ崎市の市外局番。CGSK=Chi Ga Sa Ki。KANAGAWAの書体は某航空会社の旧ロゴをサンプリング。市章のカラーリングはホノルルに空港のある某航空会社のCIカラー。背中には烏帽子岩も。自転車をモチーフとしたオンラインショップvéloveの特設ページにて予約受付中です。http://bit.ly/chigasakialoha ちがさきアロハジャージを着て湘南の自転車ライフを楽しもう!

 

▲ページトップへ     ▲TOP PAGEへ

お問い合わせ先
ちがさきヴェロ・フェスティバル実行委員会事務局 〒253-0001 神奈川県茅ヶ崎市赤羽根 3295-6
TEL:0467-95-3602 (平日10時〜18時)
Email: office@velo-festival.com