▲TOP PAGEへ

自慢のオリジナルサイクルジャージを着用したチームの写真を投稿!
チームのオリジナルサイクルジャージを着用したチーム写真でご応募ください。
ご応募いただいたオリジナルサイクルジャージは「ちがさきVELO FESTIVAL 2013」のFacebookにて「いいね!」での投票と、
当日会場にてパネル又はジャージを展示し、来場者による投票を行いグランプリを選びます。
応募写真は、集合写真(1人での写真も可)1枚と、ジャージのデザインがはっきり分かるもの1枚。
定員となりましたので、応募は締め切らせて頂きました。
※エントリー頂いた方には、当日会場にお越し頂くことが応募条件となっております。
 

▲ページトップへ ▲TOP PAGEへ

Entry No.1  RED SHOES CYCLING TEAM
赤をベースに強そうに見える!?よう作ってみました。
ピナレロジャパンより正式にロゴ使用の許可を頂いたんですよ~! カッコイイでしょ!?
RED SHOES CYCLING TEAM
PINARELLO大好きが集まり発足したチームです。
メンバーは中学生から還暦を過ぎた方まで!
とても和気あいあいとしたチームです。
週末は湘南エリアを中心にサイクリングしたり、
BBQで親睦を深めたりと、毎週末何処かで活動しています!
 
Entry No.2  MARIOLO
湘南のビッグウェーブと情熱の炎をモチーフに。背中には茅ヶ崎の象徴である烏帽子岩をアクセントに。
着ている間は誰でもやんちゃになれます(笑)。
MARIOLO
mariolo(マリオーロ)
本来の意味では悪党・追いはぎ・ペテン師だが、
ちょっとおちゃらけてみた意味では
やんちゃ坊主・お転婆・いたずらっ子とも訳せるとか…。
年齢性別問わず生涯サイクリストでありたい思いから命名。
 
Entry No.3  Team チーバくん
『がんばろう千葉!』 千葉を元気に、千葉から「日本」を元気に。 知事のメッセージを象徴にデザインしました。
トライアスロンウェアも兼ねているので、SWIM-BIKE-RUNとそれぞれの種目のチーバくんもポイント!
Team チーバくん
千葉県民である事は求めません。
自転車競技に限らずマラソン、トライアスロンまで
出場大会もALL FREE。
千葉を愛する方、そして何よりチーバくんLOVEな方集まれ!
 
Entry No.4   湘南浪漫
湘南エリアからロードバイクを通して日本中に浪漫を!
という想いから、チャンピオンの証しでもあるアルカンシェル(虹)を江ノ島から発信するようなデザインにしました。
湘南エリアが日本のロードバイク聖地となれるよう願いを込めて、ジャージを着て走っています。
湘南浪漫
湘南エリアで活動しているロードバイクを中心とした
地域密着型サイクリングチームです。
ぐるめポタや安全講習会、ロングライド挑戦、
レース参加など幅広い方々にロードバイクの楽しさを
深めてもらえるようイベントを立てて活動しています。
URL:http://p.tl/I0ha
 
Entry No.5   QOGWARP racing
シンプルだけど地味じゃない。 地味じゃないけど派手でもない。 派手じゃないけど、一度見たら忘れないし、忘れられない・・・・
街中で見かけたちょっとイイ女みたいなジャージ!
QOGWARP racing
チーム名の由来はQOG(こぐ)と
WARP(瞬時に目的地に達する)をつなげた造語です。
小さなチームですが、名前に負けないように
元気に走りまくっています。
メンバーの多くが湘南在住なので、
茅ヶ崎市周辺はよく走っています。
このジャージを見かけたら声かけてくださいね~!
 
Entry No.6   Shonan TRIumph
トライアスロンチームなので、マスコットのトライザウルスがユニフォームの背中から前にかけてスイム、バイク、ランをしながらトライアスロンの聖地であるハワイを目指しています。 トライザウルスのバックには、練習中にいつも見ている湘南のシンボルを描きました。スイムの練習時に泳ぐ目標にしている「烏帽子岩」、バイクやランの練習の時に134号線やサイクリングロードから眺める「富士山」、そして坂練習の時に力をもらう「鎌倉の大仏様」です。 このユニホームを見かけたら是非声をかけてください!! 
Shonan TRIumph
チーム名「SHONAN TRIumph」には、メンバーや家族とともにTriumph(勝利・偉業の意)を達成したい、という思いを込めています。
真剣にかつ楽しく取り組んでいる姿勢が家族や友人、そして地域の人たちにも良い刺激を与え、何事にも本気で取り組み、
努力する素晴らしさを伝えて行けたら、と思っています。
チームウェアに刻まれた、「練習を全力でやらないなら家に帰ろう」という意味の「Go hard Go home」。
周りの人の理解や協力があるから楽しめているトライアスロンです。
感謝の気持ちを忘れずに、全力で取り組むことが、理解者や協力者への敬意の表し方だと考えています。
まだ20人ほどの新生チームですが、トライアスロンにかける思いは熱いです!メンバー募集中です☆

Entry No.7   鎌倉自転車倶楽部
古都鎌倉をイメージ化したデザインを女性デザイナーさんにお願いして、紅葉をメインに色調も赤から青へグラデーションで纏めました。
鎌倉自転車倶楽部
鎌倉を探険するには歩きだと意外と疲れる。
車は論外。バスはちょっと不便。
そんな時は自転車が一番ぴったり。
古都鎌倉を中心に自転車でのんびり散歩したい。
そんな大人の自転車倶楽部です。
そして、時には逗子や葉山へも。。。
港横浜、そして都内へも。。。
自転車で裏道探険。
もちろん、美味しいお店もポタリング♪
 
Entry No.8   Team Hetalle SAKAIGAWA LOVERS
アルカンシェルを目立たせるよう、またすぐにはヘタレと読ませないように「Hetalle」とイタリア語風にしたロゴが特徴です。
女性メンバーも多いので「白ベースは下着が透ける」と強硬に言われた次第です。よって黒ベースの引き締まった感じで決定しました。
Team Hetalle SAKAIGAWA LOVERS
境川サイクリングロードをメインに湘南海岸グルメライド中心のチームヘタレと申します。
チーム名の通りヘタレな自転車乗りの集まりです♪
メンバーにはバリバリにレースに出て良い成績を残している方も居れば、これからロードデビューしようとしている超初心者まで!
おもしろおかしく自転車に乗って楽しんでおります。

Entry No.9   100miles
100milesのチームカラーは、見ているだけで心を弾ませ、楽しい気分にさせてくれる黄色です。
坂道や向かい風などで苦しくても、それに負けない強い気持ちを持てるようにという願いを込めて、「一箇所に留まらず、
常に何かを追い求める」という意味のLike a rolling stone、「とにかく前進!」という意味でHEADLONG/HEADWAYというメッセージをデザインしました。
よく目立つジャージなので、練習中にすれ違う仲間をみると、がんばるぞーという気持ちにさせてくれます。
100miles
湘南・西湘を拠点としたCycle Racing Team 100milesです。
レース参加を中心として、ポタリング、ロングライド、ローラーなど幅広く自転車を楽しんでいます。
また、自転車だけでなくRUN・SWIM・登山・BBQ等、仲良く元気に活動しています。
学校に通ったり、仕事をしながら趣味で乗っている人がほとんどですが、メンバー同士刺激し合って練習にも熱が入り、レースで入賞するメンバーも出てきています。
 
Entry No.10   ENG Family
「モータースポーツ好きがロードバイクに乗ると、こんなジャージを着たいはず!?」という、レーシングスーツコンセプトのジャージです。
ラフスケッチから始まり、チームロゴ、各部イラストのデザインまで全てチームで作成しました。
使用させていただいている、各社メーカー様ロゴ等は、全て使用許可をいただいています。
ENG Family
以前レーシングカートでレースをしていたり、車、モーターサイクルなど好きな連中が、ロードバイクに乗り出し、集まった十数名のチームです。
出自と異なり武闘派ではなく、チーム員やその家族も合わせて、ツーリングやエンデューロ、飲み会等を楽しむ事を主体とした活動をしています!!
皆様、よろしくお願いいたします!!
 
Entry No.11   TEAM BOSCO
チーム名BOSCO(森)にちなんで、森の木漏れ日をイメージしました。
ロゴからデザインに至るまで1から10まで仲間と相談しながら決めました。
シンプルなスタイルでレーシー感もありながら、ジャージ全体が絵のようになるようなデザインを目指しました。
たくさんのチームの中でも目立つような発色のよい緑がポイントです。
バックポケットからは、カエル(リーダーのあだ名)が覗いてるという遊び心も少し。
ぜひ実物を見た際には、ポケットの中の少しリアルなカエルもご覧ください。
TEAM BOSCO
地元中学校の同級生をを中心に作ったチーム。
「BOSCO」はイタリア語で「森」。
チームリーダーの苗字からとりました。
ただ今メンバーは11名。
1人で、複数人で、
ポタリングからロングライドまで、
ひたすら走ったり、観光を楽しんだり。
各々のスタイルで自転車を楽しんでいます。
 
Entry No.12   Team@FC
地域活動を通じてチーム結成に至りましたので町会色の緑を基調としました。
そこからみんなの意見を取り入れて情熱、無心、仲間の意味を込め赤、白、緑のトリコロールでカラフルなデザインが思い浮かびました。
カラフル+メッセージ性も伝えたいと思いからジャージ真ん中にグリーンベルトを前後に入れて”裏表無しに一本の道を貫く”を表現しています。
赤と緑の間にある白いラインは、無心を意味すると同時に赤と緑を際立てる事で目立つ効果もあります。
色使い、配色をシンプルにした事により爽やかで速そうな印象に仕上がったと思います。
完成まで3~4回の変更をデザイナーさんにお願いしましたが、デザイナーさんも快く引き受けていただき本当に感謝しています。
Team@FC
今年2013年1月に東京都中野区で結成された現在10名のチームです。自転車好きな町内の仲間でサイクリングに行こう!と話しが出てから盛り上がりチーム結成に至りました。
MTBで山を走っている人。トライアスロンに出ていた人。大学時代アメフト部で自転車に転向した人。学生時代自転車競技部だった人。サイクリングを楽しんでいる人。自転車好きが身近にそして、こんな近くに居た事に驚いています。
自転車を通じて枠にとらわれない広く楽しめる集団になれたらいいなー…と願いからチーム名はAt family cyclingと名付けて表記はTeam@FCとなりました。
レース、サイクリング、キャンプ、BBQ等を個人でも、家族ぐるみでも楽しんでいます。
今後は子供達、女性達にも楽しん貰えるようにジュニア、レディースチーム結成も視野に入れた活動もして行きたいと思っています。まだまだ若輩チームですがTeam@FCをよろしくお願いいたします。
 
Entry No.13   CODE Sports PIRATA
PIRATAには2色のジャージがあります。
赤いジャージは一般の方用で、全身で海賊旗を表し、PIRATAの信念である「美しく走る」とう思いが込められています。
白いジャージは、レースで入賞経験のある方だけが袖を通す事を許された本気のジャージで、ベースの白は清廉潔白の本気を表し、ブルーは母体で在るCODE BIKEのイメージカラーと茅ケ崎の海を表したデザインになって居ます。
背中のポケットには導火線へ火の着いたダイナマイトが入って居るのが小洒落てるでしょ 笑
CODE Sports PIRATA
私達CODE Sports PIRATAは茅ケ崎市内の自転車店CODE BIKEのクラブチームとして発足し現在47名在籍して居ます。

PIRATA(ピラータ)とはイタリア語で海賊の事、海賊は仲間を大事にする所から、自転車を通して仲間になった方々を大切に出来る様、願いを込めて命名されました。

ここ地元茅ケ崎をホームタウンに活動出来る事を誇りに「美しく走る」と言うスローガンのもと活動しています。
 
Entry No.14   Mercoledi Ciucchi
その名の通り「酔っ払い」な感じの配色でのデザイン。
スポンサーロゴは行きつけの飲み屋さんが多く、左右非対称なデザインもポイントとなっています。
あまり使われていないカラーなので逆に目立つようです。何故か?台湾、韓国に行った時にジャージが好評でした!
Mercoledi Ciucchi
会社の自転車好きを中心としたチームです。
チーム名の由来は水曜日に飲み会が多かった為、イタリア語でMercoledi(水曜日)、Ciucchi(酔っ払い)から来ています。
カテゴリーはロード、トライアスロンなどで、基本的に「自転車を楽しむ!」がメインのチームです!
 
Entry No.15   PICCORI BICYCLE ATL笙・ANTA
我々は大和市つきみ野にあるちぃ~さな自転車屋『TamoTamo bike』に集まる仲間。
「境川CRから湘南へ」を中心に、夏は山へ、冬は海へと<元気に>ペダルをこいでます。
「自転車が好き、走るのが好き♪」という純粋な気持ちを表す白ジャージに、最後の一瞬まで前を向いて走り続ける決意のCHECKERFLAG。
世界に誇れる「湘南フィールド」の恩恵を受けながら、毎週日曜日に走り込んでます!
PICCORI BICYCLE ATL笙・ANTA
メンバーは約30名。お店のあるつきみ野から、毎週日曜日に走行会を行ってま~す。
「走るのが好き、いい汗をかくのはタマラン!!」というアナタ、ぜひぜひ一緒に走りませんか?会費ナシ、規則はゆるやか。
メンバーには女性もいるしサンデーサイクリストも大歓迎♪
クラブ名に連なる「ATL笙・ANTA」は、由緒正しき伝統の証。
心地よいCHECKERFLAGを共に受けましょう!
 

 

▲ページトップへ ▲TOP PAGEへ

お問い合わせ先
ちがさきヴェロ・フェスティバル実行委員会事務局 〒221-0834 神奈川県横浜市神奈川区台町 15-8 久世ビル1F
TEL:045-548-5558 / FAX:045-548-6631 (平日10時縲鰀18時)
Email: office@velo-festival.com